gourmet

食べたい

青竹で打ち込む入魂の麺
来々軒支店

2021.10.11

来々軒支店のラーメン
来々軒支店

鶏ガラでなく豚骨だったとは

「創業昭和六年」と看板にあります。ちょうど90年。前橋市内に現存する最古のラーメン店でしょう。

青竹手打ち麺は市文化財にしてほしいと真剣に願っています。敬意を払い、まずは麺から。少し縮れのある平打ち麺はカンスイ少な目で優しい味です。

店の地下室で前日の夕方に太い青竹を使って打ち込み、一晩寝かせた熟成麺を使用。大鍋で泳がせるように茹で、しっかりと麺揚げします。

スープは昔ながらの懐かしい味。「鶏ガラと野菜主体」と勝手に想像していましたが、大外れでした。何と豚骨。豚の部位を選び、時間をかけて煮出すと、切れのいいスープになるそうです。野菜は臭み消しにあるものを入れるだけとか。

他の店ではほとんど注文しませんが、こちらでは決まってチャーシューメン、もとい「チャシウメン」。縁が紅色の昔懐かしいチャシウの花が丼一面に広がります。厚くはないのにしっかり弾力があって、噛むたびに豚肉の旨味を感じます。

極薄のワンタンの皮も手打ち

それと、半炒飯も必ず。皿ではなく丼に入ってきますよ。パラパラしていてしっとり。具はチャシウ、卵、ネギとなぜかグリーンピース。半といえない十分な量もうれしいですね。

3代目の店主、小川髙志さんに麺打ちの話を聞いていたら、ワンタンの皮を見せてくれました。すごく薄く、名刺の上に置いたら透けるほど。ワンタンメンが人気なのも頷けますね。「常連さんに支えられてうちがある。期待に応えられるよう、昔からのやり方を守っていきます」。よろしくお願いします。

来々軒支店のチャーハン
来々軒支店のラーメン
来々軒支店

店舗情報

来々軒支店

お問合せはこちら
027-231-3828
住所 前橋市住吉町2-12-7
営業時間 11時30分~13時過ぎ
定休日 月曜、火曜