gourmet

食べたい

ラテン気分でお肉もりもり
中南米料理 ボルデ

2022.03.05

ランチ/タコスセット 
ランチ/ケバブセット

肉汁ジュワのむちむちケバブ

住宅街にある隠れ家的なレストラン「ボルデ」。第9回、第10回のT-1グランプリで連続グランプリに輝いた、実力派の中南米料理のお店です。ボリューム満点のランチセットを食べに行ってきました。

5種類の中から選んだのは、陽気なオーナーさんが「定番ですよ」と推してくれたケバブセットとタコスセットです。

県産豚の挽肉に秘伝のスパイスをねり込み、オーブンでこんがりと焼いたケバブ。フォークをブスッと刺したとたん、肉汁がジュワっと飛び出してきました。口に入れるとなかなか、しっかりした食感です。固いのではなく、肉がちゃんと主張している感じ。パリっと焼いたトルティーヤ(薄焼きパン)に包んで食べると、あー美味しい。ビールが飲みたくなってきた。

このケバブにチーズやメキシコの青唐辛子ハラペーニョを加えてアレンジしたのが、第9回T-1グランプリメニュー「チーズケバブヘヒカーナ」です。基本のケバブがこれだけ美味しいんだから、グランプリメニューはどれほどのものなんだろう。

さあ次はタコスいきましょう。トルティーヤで、たっぷりの野菜と肉を包んでいただきます。お肉は細かく切ったハツ、タン、肩ロースを揚げ煮にしているそう。タコスは何度か食べましたが、複雑さが加わった初めての味かも。

途中から、手づくりのハバネロソースをかけて味変しました。このソース、ひと口目は爽やか、あとから辛い。辛いもの好きにはやみつきになりそうなお味ですね。

日系ブラジル人やペルー人から伝授

ボルデさんがオープンしたのは2017年。その前は新前橋駅近くで6年間、ミティエラという名前で営業していたのだとか。

「日系ブラジル人やべルー人の友達が多くて、彼らに料理を教わって、それを日本人向けにアレンジしたんですよ」。こういうお店が前橋にあるのがうれしいですね。

今度は、第10回T-1グランプリを制した「エスペートス」(豚の串焼き)をぜひ味わいたい。モモ、ロース、挽肉、別々の味付けをした3種類の肉をオリジナルソースで楽しむ料理だとか。

コロナでなかなか日本を離れられませんが、この店にいるだけで海外旅行をしているような気分になれます。

エスペートス(豚の串焼き)
中南米料理 ボルデ
スタッフ

店舗情報

中南米料理 ボルデ

お問合せはこちら
027-260-6077
住所 前橋市三俣町1-2-9
営業時間 11時30分~15時、17時30時~22時
定休日 水曜、不定期で木曜