gourmet

食べたい

老舗蕎麦屋で粋に飲む
結城屋本店

2022.04.22

スライダー
スライダー

板わさ、厚焼玉子、焼き鳥

「そば屋で一杯」と看板にあります。まだ、明るいですが、粋に一杯やりますか。

定番の板わさ、厚揚げ玉子をアテに生中で喉を潤します。ただの蒲鉾が何て美味しいのだろう。いい蒲鉾を厚めに切っているからか。玉子焼きも絶妙な甘さ。出汁ではなく、かつ丼のタレで味付けするそうです。

せっかくなので、蕎麦焼酎の蕎麦湯割りに。4人ですからボトルをいただきます。女将さんの話では最初に蕎麦湯を入れるとか。蕎麦湯割りにすると、酒を飲む罪悪感が薄れますね。

焼き鳥もいいつまみになります。串に刺さっていないからシェアしやすいですね。

結構、いい感じになってきたら、暴挙に出る輩がいました。「カツカレー食べたい」「だめ、締めは蕎麦に決めている」「でも、食べたい」。

女将さんが仲裁案を出してくれました。「ライス抜きにしましょうか」。その手があったか。停戦合意ができたので、ボトル2本目を追加。

甘味を感じられる一番粉主体

天ぷら盛り合わせが出てきましたので、そろそろ締めます。もりそば派とたぬきせいろ派に分かれました。天ぷらを遠慮し、たぬきせいろに。

自家製麺するのは一番粉を使った色白な蕎麦。「食感を楽しんでほしくて。雑味が少なく、甘味も感じられるから」と話すのは1884(明治17)年創業の本店を守る4代目、尾崎勉さん。最盛期、前橋市内に16店あった結城屋の暖簾は5店となりましたが、「店を愛する客がいる限り頑張ります」と熱く語ります。

メニュー
板わさ
カレー

店舗情報

結城屋本店

お問合せはこちら
027-224-5174
住所 前橋市本町3-1-15
営業時間 11時~15時
17時~20時時
定休日 水曜