gourmet

食べたい

ニシンとガリ、最高の相性
そば処 石墨

2021.08.19

石墨のにしんそば
石墨

白くて細く、コシと喉越し

更科系の白く気品のある蕎麦で人気のお店です。9月までの夏季限定で提供する「にしん蕎麦」の冷やしをお願いしました。冬に温かいのを食べますが、冷やしは初めてです。

完全に意表を突かれました。涼しそうなガラスの器の真ん中に甘じょっぱく煮たニシン、手前には千切りのキュウリが飾られます。これは想定内ですが、奥には何とガリ。それも大量にあります。

まずは蕎麦からいただきます。細くもしっかりしたコシが感じられ、喉越しがいいですね。あらかじめ器の底にニシンの煮汁が張られていて、蕎麦汁を少しずつ加えていきます。煮汁に浸された蕎麦は当然ながら甘い。これもありかなという味です。汁を加えていくと次第にいい感じになっていきます。

ポタージュのような蕎麦湯

続いてニシン。甘くておいしい。これをつまみに冷酒を飲み、〆に蕎麦を手繰るという手もありますね。キュウリはニシンと一緒に食べるのが合います。甘さを中和させてくれます。

さて、ガリにいってみましょう。おや、これは。ニシンを食べた後の口をさっぱりとさせてくれます。最高の「出会いもの」かもしれません。箸が止まらなくなります。

カウンター越しに店主が調理する様子が見えます。丁寧な仕事です。蕎麦湯には蕎麦粉を加えたのでポタージュのよう。こういう心配りがうれしいですね。

石墨のにしんそば
石墨のそば湯

店舗情報

そば処 石墨

お問合せはこちら
027‐243‐2443
住所 前橋市天川原町2‐3‐5
営業時間 11時~14時30分、17時30分~20時
定休日 日曜