gourmet

食べたい

醤油なのに透明なラーメンって
アンドレカンドレ

2021.08.16

透明醤油ラーメン(炙りチャーシュー)
アンドレカンドレ

甘いスープ、ビジュアル最高

「昼だけラーメンで夜は酒場」。看板につられて入店しました。お初の店は必ず一番最初に書かれた基本を選びます。「透明醤油ラーメン」。いいじゃないですか。麺は細麺全粒粉入りか手揉みちぢれ麺があり、こちらも先頭の細麺に。先客がみな、炙りチャーシューを追加していましたので習います。

美しいビジュアルですね。まさに透明なスープ。丸々したワンタンに九条葱の細切り、太いメンマ、大きなワンタンがきれいに配置されています。

いつものようにスープを一口。甘い。ラーメンで甘いと表現したのは初めて。旨い甘さです。白醤油かと思いましたが、透明醤油というのが九州にあるそうです。煮干しと合わせて「返し」を作り、鶏ガラやげん骨などで丁寧に取ったスープと合わせます。

肉がぎっしり詰まったワンタン

ほのかにユズの香りもします。厨房を預かる店長、藤澤克成さんは和食の修業を積み、独学でラーメンを進化させています。注文を受けてから切り分け、バーナーで炙るチャーシューは別皿での提供。スープを濁らせないため。ここまでこだわります。

麺は歯応えがいいですね。ツルツル入ります。チャーシューもよかったけど、驚かされたのはワンタン。肉がパンパンに詰まっていて、下味もしっかり付いている。これだけでつまみになりますね。

「普通じゃ、面白くない。何か他にはないラーメンにしたかった」と店主の稲井智史さん。インパクトありすぎですって。次はたまり醤油をちじれ麺で。決まりました。

メニュー
ワンタン
炙りチャーシュー

店舗情報

アンドレカンドレ

お問合せはこちら
027-215-7080
住所 前橋市住吉町2-8-14
営業時間 12時~スープ切れまで
定休日 水曜、日曜、祝日
https://goo.gl/maps/Ss2PaazRJnm7Uhwr5