gourmet

食べたい

43年ぶりの「100円ラーメン」
前橋飯店

2021.09.27

前橋飯店のセット
前橋飯店

時代に迎合しない老舗の矜持

「100円ラーメン行くか」。高校時代、仲間と誘い合って部活帰りに寄った。銀座通りの一番西。学生だけのサービスだった。お腹が減っていて、すごく美味しかった記憶がある。行ってみよう。43年ぶり。少しドキドキします。

醤油ラーメンは600円。6倍か。そうでしょう。餃子もおいしかった。ということで、注文は単品より安くてライスも付くCコース。

ラーメンから来ました。あぁ、こんな感じだったかな。茹でたモヤシに隠れたようにチャーシューがあり、ナルトは堂々と。失礼ながら素っ気ない盛り付けになぜか心が落ち着く。

スープもこんなだったか。魚介系を合わせた今風のとは違う。でも、味わい深い。

麺は平打ちの中細縮れ。柔らかめの茹で加減に時代に迎合しない店の矜持を感じますね。

餃子は野菜、特にニラが多め。ジューシーで美味しい。これはご飯によく合う。懐かしさとボリュームで心も腹も膨れました。

3世代で味を伝え暖簾を守る

厨房は御年81歳になる堀越とみ江さんと長男の進さんが切り盛りします。とみ江さんによると、店は1962(昭和37)年に開店。ちょうど“還暦”です。

「50円ハウス」とうたい、ラーメン、餃子、ライスをすべて50円にした時期もあった。「忙しかったね。ラーメンが1日150杯出る日もあった」と懐かしむ。オイルショックで100円に値上げ。150円にした時もしばらくは学生向けに100円を続けたという。

3時以降は孫の新司さんが厨房に入る。後継者難で味のある店がどんどん姿を消す中、こちらは安泰。安心しました。

前橋飯店のラーメン
前橋飯店の餃子
前橋飯店

店舗情報

前橋飯店

お問合せはこちら
027-234-0807
住所 前橋市千代田町5-5-2
営業時間 11時~20時(当分の間)
定休日 月曜