gourmet

食べたい

極細、色白の蕎麦に見つけた星
そば処 武本庵

2022.05.10

指南書通りにいただきます

住宅街にある古民家風の店です。玄関前に「春夏冬中」の木の看板。「商い(秋ない)中」ですね。靴を脱いで上がります。

野菜天せいろをいただきます。お品書きと一緒に「武本庵流そばの楽しみ方」という指南書があります。「わさびは汁の中に入れず、少々そばにのせる」といった内容です。しっかり守りましょう。

▲品格を漂わせる玄関。期待が高まります

▲指南書をしっかり読んでおきましょう

瑞々しい蕎麦がせいろに盛られています。芸術的なまでに極細。前橋市内で一番、県内でもこれほど細いのは見かけません。更科系のように色白な蕎麦に星を見つけました。甘皮の部分でしょう。風味がよく、食感が滑らかになるので、星入りは大歓迎です。

指南書にはありませんでしたが、汁に付けずにそのまま食べてみました。見た目通り、喉越しのさっぱりした蕎麦です。北海道産の玄ソバを石臼で挽き、九一(蕎麦粉9対つなぎ1)で打つそうです。

▲気品のある蕎麦。粋に手繰ります

指南書通り、汁に三分の一付けて啜ります。ますます、するり。汁は江戸蕎麦ほどではありませんが、返しが辛め。三分の一がちょうどいいですね。

揚げたて天ぷらは天然の塩水で

天ぷらはニンジン、ナスなど7種類。天然の海塩で作った塩水に付けて食べます。固体の塩だと、塩の付いた部分がしょっぱく感じるので正解。どれも美味しかったけど、紅いショウガが印象に残りました。

▲天ぷらは塩水を付けて

最初の客でしたが、蕎麦湯は白濁していました。蕎麦粉を入れてくれたのでしょう。初めに出していただいたのは蕎麦茶。しかも蕎麦の実入りでした。日本茶ではタンニンが口に残り、水では寂しい。細やかな気配りが気分をよくしてくれます。

▲ナメコおろしでするっと

▲蕎麦茶は蕎麦の実入り

店舗情報

そば処 武本庵

お問合せはこちら
☏027-221-6776
住所 前橋市文京町4-12-3
営業時間 11時30分~14時30分、17時30分~20時
定休日 定休日 月曜