gourmet

食べたい

江戸前の仕事 しっかり守る
鮨 万両

2021.09.02

鮨 万両の寿司
鮨 万両

焼き立ての玉子焼きに出会う幸運

午後1時を回り、遅めのランチは街中の寿司屋さん。ご主人が玉子を焼いています。ちょうど仕込み分がなくなったとのこと。これはいい時に来ましたね。

万両丼をお願いしました。ランチはこれと海鮮丼の2種類。ネタはほぼ同じでサラダが付くかの差です。

真ん中に真っ赤な赤身が3切れ、堂々と鎮座しています。厚切りです。手前にはキュウリと明太子の細巻きが2つ。チラシの上に寿司とは珍しい。

玉子は2個。せっかくなので、まずはこれから行きましょう。温かくて甘くて。得した気分です。

赤身は想像以上の美味しさ。味が濃いですね。やっぱり「マグロは前橋に限る」ですね。他にもイカ、タコ、エビ、ホタテとおいしそうなネタが満載。12種類ほどありますか。

かんぴょう、レンコンいい口直し

シャリの上にはノリと刻んだかんぴょうが散らされています。シイタケの煮物、レンコンの酢漬けがガリと同じように口直しになります。いい仕事されていますね。

江戸前の普通の寿司屋さんがどんどん姿を消し、回転寿司か高級な店ばかりになってしまいました。

そんな中、こちらは暖簾を上げて71年。「玉子焼きは昔からのやり方で焼く。かんぴょうも自分で煮ます。贔屓にしてくれるお客さんのためにも大事にしていきたい」。3代目のご主人、清水利恭さんは祖父から続く伝統の技をしっかり守っています。

鮨 万両の寿司
鮨 万両の寿司

店舗情報

鮨 万両

お問合せはこちら
027‐231‐2543
住所 前橋市千代田町4‐6‐2
営業時間 11時30分~13時30分、17時30分~20時(当分の間)
定休日 水曜