gourmet

食べたい

冬の終わりと春の訪れと
真心庵そばひろ

2022.02.22

そば、うどん
牡蠣そば

蕎麦、うどんの2枚重ね

落ち着いた和の佇まいの中、上質な蕎麦をいただける名店です。

十割を押していますが、個人的にはつなぎが少し入った二八や外一が好み。実はうどんも美味しいので、両方食べられる相盛にしました。

厳選した国内産の玄ソバを石臼製粉機で挽き、挽きたて、打ちたて、茹でたてを提供します。この日は茨城産でした。

四角いせいろの2枚重ね。まずは、蕎麦。少し緑がかり、きれいに細く切りそろえられています。二、三本摘まんでそのまま啜り、香りを楽しみます。続いて、汁に少しだけ付けて。返しがしっかりした汁。あまり、付けないほうがいいでしょう。

冷水で締められたうどんはあめ色。中太で縮れが少しあります。柔らかさの中にしっかりあるコシ。こういう打ち方、茹で加減がいいですね。

下仁田ネギ、ふきのとうなど季節の天ぷらもあり、たらの芽にしました。蕎麦茶入りの塩でいただきます。苦みの中に春を感じますね。

カキのうまみがたっぷり

種物はほとんど食べません。例外が牡蠣そば。季節限定で3月半ばまであるようです。

たっぷりのワカメの上にぷっくらしたカキが4個乗っています。ワカメの香りがいい。汁にはカキの旨味が加わり、ますます美味しくなります。蕎麦湯をこちらに入れ、飲み干しました。

「蕎麦は健康食品。厳選した食材を使い、医食同源にこだわっています」と二代目店主の狩野貴之さんは熱く語ります。

デザートにそば茶プリンをいただきました。きめ細やかなプリンに細かく砕いだそばの実をのせて、シロップをかけます。サクサクとしたそばの実が良いアクセントになっています。ごちそうさまでした。

真心庵そばひろ
天ぷら
そば茶プリン

店舗情報

真心庵そばひろ

お問合せはこちら
027-254-4187
住所 前橋市大友町3-24-11
営業時間 11時~15時、17時~20時
定休日 木曜、第3水曜