gourmet

食べたい

豚糸メニューをダブルで
喜久屋食堂

2021.09.16

豚糸タンメン
喜久屋食堂

タケノコのサクサク食感

豚糸とかいて、ルース―と読みます。

町中華「喜久屋食堂」の名物は豚糸チャーハンと豚糸タンメン。周りを見回しても、ほとんどの人がそのどちらかを食べています。

豚糸とは細切りにした豚肉とタケノコを炒めて、あんかけ状にしたもの。サクサクのタケノコの食感がたまりません。

それを卵だけのチャーハンにかけたのが豚糸チャーハン。醤油味のラーメンにかけたのが豚糸タンメンです。

これほどシンプルな食材だけで、人々の胃袋をがっちりつかんでいるんだから、すごいです。

店主さん考案の黄金比率

今日はこの豚糸メニュー二つを食べ比べてみました。まずは豚糸チャーハンから。素のチャーハンの味を確かめたくて、あんのかかっていない部分をひと口。すごく薄味です。油も控えめ。だから、ボリューミーな豚糸と相性がいいんでしょうね。店主さんが考案した黄金比率なのかも。

次に豚糸タンメンです。麺は細目のストレート。さあひと口。あれ、さっきの豚糸とは味が違います。少し甘めです。でも、これはこれでいい感じ。

途中で酢と黒コショウを投入し、味変してみました。個人的には味変後の方が好みかな。

今度来たら、「季節の豚糸チャーハン」に挑戦してみたい。シーズンによって、チャーハンの味が変わるそう。ちなみに今はカレー味とのことです。

豚糸チャーハン
豚糸タンメン

店舗情報

喜久屋食堂

お問合せはこちら
027-221-2996
住所 前橋市文京町3-21-18
営業時間 11時~15時、17時~20時

定休日 月、火曜