前橋まちなか新聞 ▶︎
あの頃できなかった大人買いしちゃいませんか?

前橋市中心街の個性的なお店やご主人を紹介する「前橋まちなか新聞」で掲載された記事をあらためて紹介します。新聞は元気21まえばしや前橋テルサ、前橋まちなかエージェンシーが運営するcommなどの中心街の各施設や市内の支所、公民館、商業施設で配布されています。

07SHOP 駄菓子屋わがじゃん
店主 我妻 浩之(わがつま ひろゆき)

昭和レトロの雰囲気を感じさせる弁天通りには駄菓子屋「わがじゃん」がある。店主の我妻さんは、群馬大学を卒業後、地元である宇都宮市でPCの講師として働いていた。5年ほど経った頃、友人が弁天通りでお店を始めるらしいということを聞き、また商店街のHP作成の依頼がきっかけで、再び前橋に向かうことを決めた。戻ってきて、弁天通りが元は大蓮寺の子育て呑龍(昔、貧しい子どもたちを養育していた僧侶)を祀って賑わった通りということを知り、地域の大人や子どもたちが一緒に楽しめるイベントをしようと思い、「昔遊び(紙芝居など)」を開催した。評判がよく、子どもたちにとっては、親や先生から離れて、自分で考え物事を決める経験の場が必要なのだ、と思いHP制作業の傍らに駄菓子屋をやることを決めた。「このお店は10年前からやっているので、お客さんの中には、社会人になった今でも来てくれる子もいるんですよ」と笑顔で語ってくれた。この場所が子どもたちに愛される所以は、この素敵な笑顔にあるのかもしれない。いや、きっとそうだ。

▲子どもが計算しやすいようにと、値段はすべて10円単位にしてある。
▲店の前には懐かしのレトロゲーム機も。子供より大人が夢中になりそうだ。
 

駄菓子屋わがじゃん
前橋市千代田町3-3-25 TEL027-226 -1265
10:00 – 18:00 火・水曜定休



■公益財団法人前橋市まちづくり公社 
■一般社団法人前橋まちなかエージェンシー(MMA)

お問合せ:info@machinaka.agency

関連記事