gourmet

食べたい

夏の風物詩 簗にようこそ
落合簗

2021.08.14

頭からすべて残さず食べる

利根川を渡る涼風が気持ちいい。座敷にあぐらをかき、のんびり川面を眺める。贅沢なひと時と旬のアユを堪能したくて、この時季に必ずお邪魔します。

まずは塩焼き。背ビレ、尾ビレがしっかり立った型のいいアユ。備長炭でじっくり、30分ほどかけて遠火で焼くそうです。

箸で骨を取り出すことなく、頭からそのままいきましょう。カリッと食べられます。皮はパリッ。身はしっとり。骨がまったく気にならないほど、中まで火が通っています。香ばしさと独特の苦み。これぞ、アユの醍醐味ですね。

続いてはフライ。同じように頭から。油で揚げている分、コクが加わります。ウスターソースを付けましたが、タルタルソースにも合いそうですね。

絶品の鮎飯 これを食べずして

刺身と寿司も頼みました。簗でしか、食べられませんからね。刺身は活け造り。ほんのりピンクがかった白身で、淡白な中にそこはかとない香りを感じます。寿司には針ショウガが乗せられ、いいアクセントになっていました。

寿司を食べたのに鮎飯で締めます。実はこれが一番好き。素焼きした鮎を入れて炊き込みますが、鮎の香りが飛んでしまわないよう、上品な薄味に仕上げています。アユの切り身が入った鮎こくとともにいただきました。アユ、5匹は食べたかな。満足です。

あゆの塩焼き(備長炭)
落合簗
店員

店舗情報

落合簗

お問合せはこちら
0279‐22‐1878
住所 渋川市北橘町八崎272‐2
営業時間 11時~20時
定休日 期間中無休・通し営業