gourmet

食べたい

鍋の王様、フグを喰らう
ふく成

2021.11.20

フグの刺身
フグ鍋

長嶋茂雄喰いに挑戦

鍋の季節になりました。タラチリ、きりたんぽ、アンコウ、寄せ鍋、もつ鍋…。いろいろな鍋がありますが、王様といえば、そう、フグでしょう。

河豚アラカルトコースをいただきました。まずは前菜。ナスの田楽と煮凝りです。煮凝りがプルプル。フグ皮のゼラチン質で凝固させます。食感といい、味といい最高の前菜ですね。

さあ、フグ刺しが来ました。芸術的にきれいに切られています。目葱を巻いてもみじおろしを落としたポン酢でいただきます。やってみました、「長嶋茂雄喰い」。伝説と化しています。ちまちま食べていられないと、一度に3、4枚取ったそうです。何と贅沢な。でも、私は一度だけ。残りは1枚ずつ取ります。

続いては唐揚げ。骨の周りの部位です。鶏もそうですが、骨の周りって旨いですね。上品な旨味。肉類がきつくなる年代には最高の唐揚げです。

もちろん、先ほどから素面でやっているわけではありません。ビールで喉を湿らせ、ヒレ酒にしました。はい、もちろん、継ぎ酒で。身も心もぽかぽか。

アラから出る出汁を吸い込む雑炊

いよいよ鍋の番。骨の付いたアラの部分がふんだんに入っています。しゃぶりつくと美味しいし、いい出汁が出るんだな。野菜もいっぱい。鍋って、驚くほど野菜を食べることになりますね。

もちろん、〆はフグ雑炊。お腹一杯なのに、つい手が出てしまう。フグと野菜の旨味をすべて吸い込んでいます。残すわけにはいきません。

ナスの田楽と煮凝り
フグの唐揚げ
ヒレ酒

店舗情報

ふく成

お問合せはこちら
027-219-2929
住所 前橋市千代田町2-10-13
営業時間 17時30分~22時
定休日 日曜