前橋元気プロジェクト▶︎
アパレル激戦地・マエバシ街中
前橋元気プロジェクトがご紹介⑤

前橋市中心街は個人経営のブティックやセレクトショップ、古着屋、呉服屋さんが多い。3世代、4世代にわたって愛される老舗もあれば、若い感性を生かした人気店もある。前橋国際大と慶応大の有志でつくる「前橋元気プロジェクト」のメンバーが突撃取材しました。

シンドウ シャンゼリゼ店-履きやすい靴と服を提案

「良い靴とは靴の方から自分の足に寄り添ってくるようにぴったりと合うものだ」。「シンドウ シャンゼリゼ店」の店主、進藤さんはそう断言する。
 中央通りと銀座通りの交差点近くにあり、上等な靴と高級婦人服を取り扱っている。
大学卒業後、有名な婦人靴メーカーに就職してノウハウを学んだ後、28歳でUターンし店を始めた。
 店を始めるまでの充電期間中、ヨーロッパ11か国をバックパッカーした。パリにも立ち寄った。おしゃれで素敵な「シャンゼリゼ」。これが、店名の由来だった。
 開店当初は靴専門店。お客さまに問いかけ、一人一人にとって、履きやすく相棒となれる靴を提案するスタイルを40年間以上、貫いてきた。
 最盛期はシャンゼリゼ店のほか4店舗を同時に経営した。時代の流れとともに格安量販店が増えたことで経営困難な時期が続いたが、顧客からの信頼でいままで永きにわたって愛されている。
 店内には華やかに若い感覚で着こなすことができる婦人服も取り揃えられ、県内各地からファッションに敏感な婦人のお客さまが多く来店する。
 それでも専門は靴。フィッティングについて、店主に相談してみてはいかが。
(取材・Marina・Abe)

シンドウ シャンゼリゼ店
☏027-231-6321
10 時30分~19時
水曜定休

関連記事