gourmet

食べたい

なまら旨い昆布水つけ麺
鴨だしラーメン 鳴馬良(なまら)

2022.08.15

旨味が凝縮したとろみが最高

「鴨だし」とは珍しい。すごく気になっていました。白地に「鴨」と黒く染められた暖簾をくぐります。

初めての店ですから定番の鴨だし拉麺にすべきですが、新メニューの「昆布水つけ麺」を発見しました。無類の昆布水つけ麺好き。即決です。

北海道産がごめ昆布を使用とあります。非常にとろみの強い昆布ですね。冷たい昆布水にストレート細麺がきれいに折り畳まれています。

まずは麺をそのまま。とろみがまとわり、するする啜れます。続いて新潟県産の藻塩を麺にパラリ。全粒粉の小麦と良質な昆布の香りの二重奏が引き立ちます。ワサビを乗せると、さらに香りが立ちます。

蕎麦屋さんのような儀式を終えたら、スープに浸していただきましょう。蕎麦の鴨汁を想像していましたが、合鴨が強く主張しすぎることなく、絶妙に旨味をスープに加えています。昆布水のおかげで麺との絡みも抜群。これは「なまら旨い」

▲昆布水に浸かった麺が涼しそう

▲チャーシューつけ麺のような豊富な具

▲鴨だし拉麺の塩はさっぱり、こってり

チャーシューのオールスター

それにしてもあまりにも具だくさん。スープは鴨肉に加え、鶏ムネ肉、豚チャーシュー、鶏つくね、味玉、メンマ、青菜入り。麺にも低温調理した大きなローストチキンと海苔が入っています。肉は上手に脂抜きされ、柔らか。いいつまみになりそう。

麺の上にスダチと穂ジソがあり、スープに入れると清涼感が増します。麺も具もすべて平らげたら、昆布水をスープに投入。完食、完飲です。

店名で分かるようにご主人は北海道の出身。暑い上州の夏を乗り越えられる一杯を作っていただき、感謝申し上げます。

▲ニラ醤油玉子かけご飯。ゴマ油とニンニクが香り、贅沢なTKGになります

▲「鴨」と一文字。気合いを感じます

店舗情報

鴨だしラーメン 鳴馬良(なまら)

お問合せはこちら
非公開
住所 前橋市日吉町3-30-6
営業時間 11時~14時、18時~22時
定休日 木曜、水曜の夜