play

遊びたい

2023年3月開業 
「道の駅まえばし赤城」はこんな施設

2022.10.12

2023年3月開業 
「道の駅まえばし赤城」はこんな施設

前橋市田口町の上武道路沿いに2023年3月、開業する「道の駅まえばし赤城」の施設内容が発表された。地元の人気飲食店17店舗が入店するほか、農畜産物直売所や日帰り温浴施設「まえばし赤城の湯」、遊具のある広大な芝生広場などを完備し、前橋の新たな玄関口になりそうだ。(取材/阿部奈穂子)

前橋の美味しいものが大集合

施設は2階建てで、1階はフードコートやレストラン、カフェ、農畜産物直売所、加工施設などが並ぶ食のゾーンとなる。フードコートには前橋市大渡町のうどん店「温井製麺」、関根町のラーメン店「翔鶴」、川原町のイタリアン「Rocco」などが出店。160席あるラウンジや屋外テラスでゆっくり食事を楽しめる。

 

▲「前橋・赤城らーめん翔鶴」は赤城鶏をメーンに使用したスープと県産小麦を使用した自家製麺がおすすめ

▲「Rocco」は本格ピザ釜で焼き上げたピッツアを

レストランとカフェは3店舗。赤城山麓の「ヒュッテハヤシ」は自慢の福豚と新鮮野菜のコラボレーションを提供。敷島町のハンバーグ店「キングゴッドバーガー」は前橋産ホウレンソウのグリーンスムージーやオーガニック米粉のパンケーキなど健康志向のメニューをそろえたボタニカルカフェ「キングゴッド」として移転リニューアルする。埼玉県本庄市に本店を構える窯焼きパン店「ベーカリーズキッチン オハナ」は前橋市に初出店。

西片貝町の「果実堂」は13種類のフルーツ大福を製造販売し、前橋土産として売り出す。

前橋・赤城地域の旬の味覚を集めた農畜産物直売所や前橋鮮魚センターも店舗を構え、野菜、肉、魚を販売。

 

▲とろけるような口当たり、果実堂のフルーツ大福

▲開放的な空間で美食を楽しもう

温浴施設や芝生広場も

1階が食のゾーンだとしたら、2階は癒しのゾーン。日帰り温浴施設「まえばし赤城の湯」が設置され、ペンキ絵士、田中みずきさんが描いた赤城山の風景を眺めつつ、昔ながらの銭湯の雰囲気を楽しめる。男性湯には高温サウナと水風呂を完備。

赤城デッキ、榛名デッキと名付けられた展望スペースもある。

屋外には広大な芝生広場が作られ、ふわふわドームと遊具が並ぶ。屋外広場やマーケット広場では定期的なマルシェや、年間で50以上のイベントを開催。賑わいを創出する。

ほかに、前橋産バナナを栽培する農園「Banana Freaks maebashi」や、手ぶらバーベキューを楽しめる「bacon」など自然体験できる施設も生まれる。

▲工事が進む芝生広場

道の駅まえばし赤城
開業日 2023年3月
所在地 前橋市田口町36番地
駐車場台数 569台
営業時間 8時~22時
テナント数 26店舗