gourmet

食べたい

さわやかな辛さ「白い麻婆」
青龍

2021.11.06

白い麻婆
店内

赤龍スペアリブは予約必須

土曜日にアップします「美味しいW杯」。世界各国の料理を楽しめる実力派の店を取り上げていますが、15回目にして初めて優勝候補の中国の”出場”となりました。先代の「娘娘飯店」時代から親しみ、どうしてもこちらを最初に紹介したかったのです。

さあ、じゃんじゃん。前菜は真鯛サラダ。真鯛の刺し身を揚げワンタン、ナッツ、ダイコンと合わせていただきます。酒が進みそう。生春巻きは盛り付けもお洒落。ソースが皿の淵に点々とあってフレンチみたい。

小籠包は必ず頼みます。そして、必ずがっついて食べて、口の中をやけど。美味しいものの前では学習能力を欠きます。皮はプリプリで肉汁がジワッ。

いつもは四川麻婆豆腐ですが、もっと辛いという白い麻婆豆腐に初挑戦します。確かに白く、すごく辛い。青唐辛子と鶏肉を使っているそうで、さわやかな辛さです。

お待ちかねの主役の登場です。青龍の赤龍スペアリブ。骨付きのもち豚を特製タレに漬け込み、じっくり焼き上げます。骨の周りの肉って何でこんなに旨いのだろう。大量にかかる赤いパウダーは唐辛子のほか干しエビや揚げニンニクも入っています。これを他の料理にかけても美味しいでしょうね。

プラス1000円で絶品中華

〆にはこれも初めての肉細切りかた焼きそば。揚げ焼きそばの上にチンジャオロースが乗ってます。旨いに決まってますね。

町中華の店にプラス1000円ほどでしっかりした中華をいただける貴重な店です。

小籠包
赤龍スペアリブ
店員

店舗情報

青龍

お問合せはこちら
027-226-6677
住所 前橋市龍蔵寺町111-1
営業時間 11時30分~13時30分、17時~22時
定休日 木曜