前橋元気プロジェクト▶︎
アパレル激戦地・マエバシ街中
前橋元気プロジェクトがご紹介⑧

前橋市中心街は個人経営のブティックやセレクトショップ、古着屋、呉服屋さんが多い。3世代、4世代にわたって愛される老舗もあれば、若い感性を生かした人気店もある。前橋国際大と慶応大の有志でつくる「前橋元気プロジェクト」のメンバーが突撃取材しました。

中川原呉服店―お宝の前橋着物紀行

中央通りの南にある「中川原呉服店」は1905(明治38)年創業。4代目の中川原勝洋さんを中心に家族で営む、温かい雰囲気の店だ。
 決して広いとはいえない店内だが、人間国宝の作品や一品物がさりげなく飾られている。
 店のお宝は「前橋着物紀行」と題した訪問着。100周年を記念して、京都の女流友禅作家に制作を依頼した。
 背には「裾野は長し赤城山」が描かれ、他にも臨江閣や利根川、敷島の松林といった前橋の名所が勢ぞろいしている。一見の価値はある。
 当初は販売する予定だったが、「あまりにも素晴らしい出来で値段が付けられない」と苦笑する中川原さん。どうしても欲しい人は粘り強く交渉するしかなさそうですね。
(取材・SAYAKA・NAGASHIMA)

中川原呉服店
☏027・231・4674
10 時~19時
水曜定休

関連記事