前橋まちなか新聞 ▶︎
焼きまんじゅうの美味しさをそのままに

前橋市中心街の個性的なお店やご主人を紹介する「前橋まちなか新聞」で掲載された記事をあらためて紹介します。新聞は元気21まえばしや前橋テルサ、前橋まちなかエージェンシーが運営するcommなどの中心街の各施設や市内の支所、公民館、商業施設で配布されています。

14SHOP MOO CAFE
店主 篠原 真紀(しのはら まき)

群馬県民のソウルフード・焼きまんじゅうが、なんとマフィンに変身していた。その名も「焼きまんじゅうマフィン」。住吉町の国道17号沿いにある「MOO CAFE」で手に入れることが出来る。群馬県外に住む方や、県外へと転勤した人にも焼きまんじゅうの美味しさを届けたいという思いから、研究を重ね焼きまんじゅうの日持ちしないという唯一の弱点を克服。朝日町の焼きまんじゅう老舗「たなかや」の秘伝の味噌ダレを使用することで、あの味噌ダレ風味と甘じょっぱい味を完全再現することに成功した。そんなマフィンをひとつひとつ丁寧にお店で焼き上げているのは店主の篠原さん。以前は介護の仕事をしていたが、友人がお店を始めるにあたり手伝って欲しいと誘われ、気づいたら店主になっていた。「スタッフやお客さんと一緒に季節ごとのマフィンの開発をしたり、毎日がすごく楽しい」とマスク越しにも伝わる笑顔で語ってくれた。来季はどんなマフィンが生み出されるのか今から楽しみだ。群馬県からの手土産は焼きまんじゅうマフィンで決まり。

▲奥利根産純粋はちみつ「黄金の雫」入り焼きまんじゅうマフィン
▲店内にはイベントスペースがあり、県内の作家さんの作品が展示販売されている。
 

MOO CAFE
前前橋市住吉町1-13-24、住吉ビル2階 ☎︎027-288-0348
11:00 – 17:00 水曜・日曜定休

■公益財団法人前橋市まちづくり公社 
■一般社団法人前橋まちなかエージェンシー(MMA)

お問合せ:info@machinaka.agency

関連記事