前橋まちなか新聞 ▶︎
みんなに広がる美味しい輪
広瀬川沿いのドーナツスタンド

前橋市中心街の個性的なお店やご主人を紹介する「前橋まちなか新聞」で掲載された記事をあらためて紹介します。新聞は元気21まえばしや前橋テルサ、前橋まちなかエージェンシーが運営するcommなどの中心街の各施設や市内の支所、公民館、商業施設で配布されています。

16SHOPmonsoon donuts
店主 岩田桃(いわたもも)さん

 「ここ1~2年で、子連れのママが増えました!」と嬉しそうに語る のは、ドーナツスタンド「monsoondonuts(モンスーンドーナツ)」店主の岩田桃さん。弁天通り側から広瀬川を渡ってすぐ左手に見える、赤レンガの素敵なお店だ。凛とした姿が印象的な桃さんと、優しい表情の夫・真征さんが自分たちの手で作り上げたというおしゃれな店舗。桃さんはつくるここでもうすぐ2歳になる創くんの世話をしながらドー ナツを販売する。安心できる食材にこだわっているため、来店したお母さんたちとはよく食材の悩みが話題になるそう。お店を始めて5年が経つ。それ以前は、軒先にある赤い自転車にその日の販売分を乗せて、知り合いのお店の前やイベントでドー ナツを売っていた。「10年前は、まちなかに若い人がほとんどいなかった。友達にもまず合わない。それでも前橋のまちなかの雰囲気が昔から好きだった」と桃さん。今では、素敵なお店や友人と遭遇することも 増えた。 「1階がドーナツスタンド、その上の階が住まい。家族で一緒にドーナツ屋をやりたい」と思い描いていた暮らし方 も実現しつつあるという。「これからも季節や畑の匂いを感じられるようなドーナツを作り続けたい。それと、子育てをしながら仕事をするのが凄く楽しい ので、そういう人や場所が増えていくといいな」。そんな話を聞いていたら、また一人、お母さんがドーナツを買いにやってきた。

▲豆富ドーナッコココア¥250
▲人参とレーズンのサラダlOOg/¥360
▲ノンシュガーシェイク
チャイティー¥630

ドーナツだけでなく、お惣菜やドリンク類も充実。目の前を流れる広瀬川のベンチでゆっくり過ごすのもオススメ。軒先の赤い自転車の絵は、絵本作家の荒井良二氏が描いたのだとか。


monsoon donuts
〒371-0022 群馬県前橋市住吉町2-1-18 TEL:027-226-5241
営業時間:12:00~18:00
定休日:日曜・月曜・火曜日

■公益財団法人前橋市まちづくり公社 
■一般社団法人前橋まちなかエージェンシー(MMA)

お問合せ:info@machinaka.agency

関連記事