食べたい

絶妙な茹で加減 麺の旨さが光る
茹であげパスタ「ピア―チェ」

  • 閲覧数:375
お店情報
ピア―チェ
場所
前橋市六供町

勇気のいる硬さです

パスタは、麺の茹で方が美味しさを左右すると信じています。そこに、とことんこだわる店ができたと聞き、行ってみました。店名の冠に「茹であげパスタ」の文字があります。でも、「昨今、茹であげじゃないパスタの店なんてないでしょ」、最初はそんなに期待していなかったんです。
 でも違いました。麺が本当に美味しい。店主さんの魂がこもっている感じ。
 パスタはbarilla(バリラ)の1.6mmを使っています。運ばれてきたとたん、ツヤツヤとした光沢にビックリ。
 噛むと弾力がある。やや硬めで、一番好きな茹で具合です。「鍋の中のお湯の塩分濃度を高めにして、茹で時間を調整する。食べ進んで最後の段階で、ちょうどいいなと感じる硬さに茹であげるんです」と店主の根岸明義さん。さらに「この硬さで出す店はめったにないと思う。勇気のいる硬さです」と笑います。まさに、麺茹で職人ですね。

塩ベースのシンプルパスタがオススメ

パスタはトマト、塩、クリーム、和風の4ジャンルに分かれ、全部で約30種類。麺そのものを楽しむなら塩ベースがオススメです。
 今回、注文した野沢菜とタラコのレモン風味は硬めの麺にゴマと野沢菜のプチッ、コリッという食感がベストマッチでした。
 お連れ様が頼んだマーレトマトは具が多めで豪華な感じ。魚介好きにはいいかも。トマトソースは甘めですね。
 次回、訪れるときはペペロンチーノにしようと決意。麺を存分に味わいたいので、具はシンプルがいいなと。
 デザートはカスタードプリンが美味しかった。しっかり目に焼いたクラシカルなプリン。甘さ控えめのカラメルソースが良い具合でした。

ピア―チェ Data.

・住所/前橋市六供町1024 第一ミナミビル 101
・電話/027-289-2664
・定休/水曜
・時間/11時30分~21時(L.O.20時30分)



Menu.

マーレトマト ・・・ 980円
魚介の辛口トマトスープ ・・・ 980円
マーレビアンコ ・・・ 920円
野沢菜とタラコのレモン風味 ・・・ 920円
キノコのガーリッククリーム ・・・ 920円
ランチセット(ミニサラダ、ドリンク) ・・・ +150円
ランチデザートセット(ミニサラダ、ドリンク、デザート) ・・・ +450円