前橋まちなか新聞 ▶︎
俺が食べたいから守る-伝説の味-

前橋市中心街の個性的なお店やご主人を紹介する「前橋まちなか新聞」で掲載された記事をあらためて紹介します。新聞は元気21まえばしや前橋テルサ、前橋まちなかエージェンシーが運営するcommなどの中心街の各施設や市内の支所、公民館、商業施設で配布されています。

09SHOPあくざわ亭
店主 髙橋 秀男(たかはし ひでお)

まちなかに存在した伝説の焼きそば店・あくざわの味を復活させた「あくざわ亭」。店主の髙橋さんは高校生の頃、使えるお金があれば迷わずあくざわに行き、前橋市役所に勤めている際には平均週2で通っていたという大のあくざわ狂だった。閉店のニュースに涙を流しながらも、どうしてもまた食べたくなり、再現するため自宅で研究を始めた。試行錯誤の末、その味に近づいた頃には 10年が経っていたという。一番苦労したのは麺の仕込み。少しの違いで食感に大きな違いが出るのだ。再現できたことが嬉しくて、あくざわを知る同僚や後輩とスナックへ呑みに行くと厨房を借りてまで焼きそばを振舞い、アドバイスをもらいながら更に本家の味を目指した。定年退職後、仲間に背中を押され2018年にお店をオープン。「あくざわの味を知る古い常連がこの店に来てくれること、美味しいと通ってくれる若い常連が増えることが本当に嬉しい。僕らが愛したこの味を、未来の前橋に残したい」と話す髙橋さんは、弟子を募集しているそうだ。この味に魅了された若人よ、門を叩いてみるのはいかがだろうか。

▲メニューは並、大、特のサイズ別に三種類というストイックさ。自信と愛情を感じる。
▲最大の特徴はなんといってもこのコシのある太麺。青のりをたっぷりと。
 

あくざわ亭
前橋市千代田町2-1-21 TEL027-235-1530 
【火~金】11:00 – 14:00 【土】11:00 – 20:00 日・月定休



■公益財団法人前橋市まちづくり公社 
■一般社団法人前橋まちなかエージェンシー(MMA)

お問合せ:info@machinaka.agency

関連記事